Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

オークランドを歩いてきました

オークランドの街をちょこっとご紹介!

日本からの直行便があるのが北島の北部にあるオークランド。
全人口400万人のうちの100万人以上が暮らすニュージーランドの大都市ですが、港にはたくさんのヨットが浮かびとてもゆったりできる街です。

街自体はそれほど大きくなく、健脚の方ならたいていの場所まで歩いて回る事ができる広さです。

画像の説明
ハーバー沿いにカフェが並び、ヨットを見ながら食事を楽しむのがキウイ流?
ヨットが係留されている港には多くのカフェやレストランが立ち並び、にぎやかです。


画像の説明
ニュージーランド海洋博物館に展示されていたアメリカスカップ出場艇

ラグビーと並んで国民的スポーツがヨットレース。アメリカスカップで活躍したクルーは国民的英雄扱いだとか。
オークランド郊外の海洋博物館ではマオリの人々がカヌーでニュージーランドの辿り着いた歴史から、白人種の移民、そしてスポーツとしてのヨットなどニュージーランド人と帆船の歴史が判りやすく辿る事ができてお奨め!
入場料17NZ$


画像の説明
帆船だけじゃなくて人力船でのチャレンジも高く評価されています
日本でシー カヤックがひろく知られる事のきっかけになったのがポール カフィン氏による「シー カヤック日本一周」。彼もニュージーランド人。
氏が30年ほど前にシー カヤックで日本一周をしたことと、友人の野田知佑さんが雑誌に紹介したことでシー カヤックの存在が日本で広く知られる事になった。とらも憧れたな。
手前の手漕ぎボートはオーストラリアからニュージーランドまで漕ぎ切ったもの。


画像の説明
行きかうヨットやモーターボートに混じって飛行機も!
海だけでなく空にも親和性が高い国民の様です。・・・アウトドアならなんでもOK!というお国柄なのかな。
牧場には小型機が着陸できるようなスペースを備えていたり(ただ、直線の牧草地を刈り込んだだけですが…)
アウトドアツアーでもスカイダイビングやパラ グライダー、グライダーの体験搭乗などもありました。
複座エアロバティックス機に体験搭乗(!)なんていうツアーもあります!!


画像の説明
ニュージーランドと言えばバンジージャンプ!
オークランドのランドマーク、スカイタワーからバンジーができるのです!
日本で東京タワーやスカイツリーからバンジージャンプすることなど考えられません…。 
それだけバンジージャンプが市民権を得ていると言えるようです。


画像の説明
ニュージーランドと言えば牧畜。ソフトクリームは安くて美味しい
ニュージーランドの物価は全般的に高め。
ガソリンは約200円 宿はビジネスホテル並みで14000円位。食材も日本に比べて割高ですが、乳製品は少し安め。
ソフトクリームは約200円で日本よりずっと安いかな。
ケーキやパンなど甘いお菓子が多い中でソフトクリームはさっぱりしていて丁度良い甘さでした。


画像の説明
外食も割高…。安めのフードコートなどでも約1000円くらい
ニュージーランドの食事はマッシュポテトにステーキ肉どかん!グレービーソースをかけて煮豆を添えて…みたいな食事が多くてそれなりに美味しいのですが、種類はあまり多くない様子。
でも、移民の多い国なので様々な国の料理が楽しめて料理に飽きることはありません。
これは中東のケバブ料理で約1100円。香辛料の風味が独特でなかなか美味しい。


画像の説明
街角のいたるところにあるカフェ。セルフサービスで気軽に利用できます
カフェは少し安くて800円くらい。ボリュームがあるのでクロワッサンとミートパイのふたつでお腹が満足します。


画像の説明
初めて食べたヨルダン料理。
スパイシーな味付けの牛肉を固めのナンで包んで食べるもの。
中東方面の料理はあまりなじみがありませんでしたが食べてみると美味しい!お奨めです。



街全体の様子は治安も良く、人々も穏やかに見えましたが、どこの国でも影の部分はあります。
オークランドでもホームレスの人がいたり、週末の夜中はクラブ帰りの若者が騒ぐ、といった光景も見られました。
治安の良いニュージーランドだからと安心せずに人通りの少ない通りは歩かない、深酒をして出歩かない、
など自分自身での安全確保が必要な事はどこの国でも同じことだと思われます。

戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional