Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

山歩きを楽しもう!

山歩きを楽しもう!のページ

画像の説明

私は3000m級の山を年に1回は登るように心がけています。
最近はなかなか遠方の山に泊まりがけで行く機会も減ってしまって富士登山が毎年の恒例行事になっています。
冬山は自分の注意だけでは防げない危険もはらんでいる気がして未だに足を踏み入れていません。
もっとも、冬の間は狩猟期ですので狩猟を優先して機会を失っているのでもありますが…。

それでも関東周辺の山には何度も登り、楽しませてもらいました!

温泉

山の中の絶景温泉というものもたくさんありますが縦走途中にある温泉に入っても再び歩き出してしまってはまた汗をかいてしまい残念。
私は温泉のある場所では山小屋泊まりをお奨めです。

山 小屋を活用しよう!

山小屋は汚くて雑魚寝だからイヤ。山に行ったらテント泊まりだな。安くすむし…」という方も多いかと思いますが私は敢えて山小屋泊まりをお奨めします!

理由としてはせっかく来た山、一日目いっぱい山歩きを楽しみたいじゃないですか!
それもなるべく荷物を減らして、食事の準備などにかける時間も減らしたいし夜は冷えたビールも飲みたい…。

「そんなのお金かかっちゃうジャン!」という声も聞こえてきそうですが山小屋に払うお金は山で安全に過ごすための必要経費と私は考えます。

みんなが山小屋を使わなくなってしまったら、
山小屋が経営困難になって撤退してしまったら、山での事故ももっと増えてしまうだろうし登山道整備だっておろそかになります。

山小屋は登山の安全のために絶対に必要です。
そのためにささやかながら利用して応援する心つもりでいます。そう、これはお金の山と都会との循環の環です。
画像の説明

混雑した山小屋を避けるならお盆やGWなどのピークシーズンを避ければ大丈夫!
ものすごく混雑するお盆でもたった1日ずれただけでほぼ貸切状態ということもありました。
下山するときにたくさん登ってくる登山者に驚き、お盆だったことを思い出したほどです。
戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional