Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

山賊キッチン


開催予告! 2017年3・4月 複数開催予定 「山賊キッチン

日本の各地で増えすぎて自然環境に良くない影響を与えている動物や、海外から持ち込まれて野生に放たれてしまった外来種を「駆除」するだけでなく「美味しく食べて食材としての魅力も認めてあげたい。」という想いで活動をしている「お困り動物を食べる会」。
猟期があけた春に様々な野生肉の食体験を皆さまに提案します!

皆さまも一緒に自然環境バランスを保つ為の食について考えてみませんか?

題して山賊キッチン 。

画像の説明
「タヌキ汁」はむかし話だけの食べ物ではありません。実際にタヌキを調理して一緒に「タヌキの美味しい食べ方」を探るチャンスがあるかも??


開催場所:

東京都八王子市の古民家 
 京王線「高尾山口駅」より徒歩約15分 自家用車利用も可ですが、お酒を伴う交流会もある為、電車利用をお奨めします!

参加費:

4,500円(予定) 2,3種野生肉試食とアルコールつき懇親会費を含みます。

体験できる事:

野生肉の調理体験     参加者みんなで料理を2,3品作ります

野生肉料理の試食と懇親会   山賊飲み会には美味しいお酒が必須! 

企画概要:

・2017年3月中旬から4月下旬までの隔週日曜日開催予定 3~5回程度
※連続参加する必要はありません。

・毎回、一種の野生動物をテーマに調理を考え、味わいつくします! 
 また、1,2種の野生肉を食味体験として参考出品!

※テーマの例)  注意!捕獲の状況により予定は変わります

・「カラスを味わい尽くそう!」
キラワレ者のカラスは美味しい? 不味い??

・「カワウって美味しい??」
近年、漁業被害が拡大中のカワウも食利用できれば益鳥の仲間入り?

・「野生と養殖、どっちが美味しい? キジ」
養殖も盛んなキジ。本当に美味しいのはどっち??

・「カルガモとマガモの食べ比べ」
カモで一番おいしいのはマガモ? 渡りでへとへとのマガモと移動する事なくたっぷり肉を蓄えているカルガモと果たして美味しいのはどっち??

・「出会いのもの」
狩猟者は出会った獲物には未知のものでも笑顔で調理しなくてはいけません!


※参考出品の例)  注意!捕獲の状況により予定は変わります
以下の野生動物の中から1,2種をご提案! 肉本来の美味しさを知る為に、焼いて塩こしょうで味見します。
・タヌキ ・ハクビシン ・アライグマ ・ツキノワグマ ・他

スケジュール:

10:00 現地集合 受付け開始
集合後、受付け、手洗い、着替えなど調理準備を整えます

10:30 調理開始
当日の食材動物を紹介。 まずは焼いて塩こしょうで賞味して基本の味を知りましょう。
その後、どんな調理が合うかをみんなで話し合ってから実際に調理の開始!
主に「焼き物」・「鍋」の2種類+α を調理します。

12:30 調理終了 ~ 試食懇親会
出来上がった料理をみんなで試食! 懇親会も行うので感想など交えた自己紹介をお願いします!


15:00頃 終了・解散予定
解散予定時間は目安です。


備考

・調理体験企画
・最大催行人数:15名  
・最少催行人数:8名
・ご都合によりキャンセルされる場合は必ずご連絡ください。
 キャンセル待ちの方がいらっしゃる場合もございます。
・食材準備の都合上、キャンセル料を頂く場合があります。
・主催者の都合により延期、または中止になる場合があります。
・お申し込みは正式募集が始まってから受付けます。
 

ご質問・お申し込み

参加申し込みされる方は次の項目にお応えの上、こちらにお申し込みください ⇒ お問い合わせ

4月29日(土)開催
 
「海ガモにチャレンジ!」
 残席 15
「食べて美味しい」とされるカモは「陸カモ」と呼ばれるマガモやコガモ、カルガモなど穀類を主に食べる草食性のカモ類です。
いっぽう、「海ガモ」と呼ばれるカモ達は魚を主に食べる為、独特の臭いを持ち、食利用があまりされず、狩猟者からも低い評価を受けています。

・・・ホントにまずいのでしょうか??

山賊キッチンでは「不味い」と言われる海ガモに敢えてチャレンジします!
どんな風に不味いのか、美味しく食べれる方法はないのかを探ります。
チャレンジングな企画の為、参加される皆さまに敬意を表して、他に紹介する野生肉はちょっと豪華!
ゴールデンウイークの初日を飾るに相応しい企画です!



5月3日(祝・水)開催
 
「『サギは美味しい』は詐欺??」 残席 15

シラサギやゴイサギ、日本では様々なサギ類を見る事ができます。
これらのサギ類も数が増えすぎていることから有害駆除などが行われています。
日本では食べる習慣がないサギ類ですが海外では「宮廷料理に使われていた」とか。
では、実際にどんな味なのか味わってみましょう!「宮廷料理で使われていた」は本当なのでしょうか!?

この鳥も海ガモと同じく魚食性のため、独特の風味を持つと思われます。
少しチャレンジングな企画の為、参加される皆さまに敬意を表して、他に紹介する野生肉はちょっと豪華! です。



5月5日(祝・金)開催
 
「ヒヨドリ祭り!」 残席 15

エアライフル猟で出会う鳥たちを数種類味わいます。

ヒヨドリを中心に、キジバト、ムクドリなど猟場で出会う機会の多い鳥たちを紹介!実際に羽むしり、解体をした後に調理して食べてみましょう!

これからエアライフル猟をされる方にとっては獲物を捌いて食べる事の予習ができる企画です。

解体処理をする羽数がもっとも多い企画なので、狩猟はしなくても、自分の食べる鳥を羽むしりから解体までひと通り、じっくり体験してみたいという方にもお奨めの企画です。

味的にも安心できる安定感ある企画!



5月6日()開催

「カラスを味わい尽くそう!Ⅱ」 残席 15

山賊キッチン企画の第一回目を飾った「カラスを味わい尽くそう!」の第二回目。
前回は告知してすぐに定員に達したのでまだまだ参加したい方が多いはず!

二回目のカラスというコトもあり、安定の企画。

山賊キッチン企画ゴールデンウイークの最終回を飾ります!
 

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional