Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

鳥猟体験プログラム

主催者応援プログラムのご案内

「狩猟者がこのまま減少してしまっては健全な自然環境が維持できない。狩猟に関心を持つ方を少しでも増やしたい。」という想いから、狩猟 体験企画を実施したい皆さまにどんな段取りでイベントを行ったら良いかのアドバイスを行います。

画像の説明



自分が活躍するフィールドで狩猟 体験企画を実施したい皆さま、ぜひ参加して頂きたいと考えます。

開催日時:

2015年 5月3・4・5日 ゴールデンウイーク中に開催いたします。  

内容:

狩猟 体験イベントを実際に行っているフィールドにて、なぜこのような場所を選ぶ必要があったか、この場所を選んだ経緯、獲物になる動物の選択、企画を行ううえで注意すべきことなどをお伝えいたします。
あとは皆さんが自分のフィールドに帰って内容をアレンジして特色ある狩猟 体験企画を行って頂きたいと願います。


画像の説明

集合・解散、スケジュール:

10:00 小田急線愛甲石田駅集合: 自家用車または電車にて集合。
   猟場に向い、プログラム開始。

12:00 お昼ご飯
・獲物の解体実習(ヒヨドリ解体)
・なぜ、鹿料理を提供するのか?その理由…

画像の説明
・射撃場見学 (狩猟用空気銃の実射見学など)

画像の説明

・質問コーナー

17:00 自家用車の方は現地、電車利用の方は最寄駅にて解散予定。 
  

参加条件:

・狩猟 体験をお仕事の中で活かしたいと考えている方
・ハイキン グができる装備(運動靴・簡単なカッパなど)を用意できる方。
・銃器に触れることはできない事に合意できる方

参加費:

12000円/人:大人一名 プログラム費、資料代含む。 昼食含みます
   

体験できること

・狩猟 体験企画の組み立て方説明 エアライフルによる鳥猟現場案内
※猟期外の為、獲物の捕獲は行いません。また猟銃には触れることはできません。

・獲物の解体、調理体験:ヒヨドリを捌く体験もしていただきます。

・シカ肉の美味しさ堪能
鉄分が豊富で高たんぱく、低カロリーのシカ肉はハグハグネイチャーでぜひ、お奨めしたい食材。この鹿肉を当日はシチューにして召し上がっていただきます。

海外では「ジビエ」と呼ばれ季節を感じる大切な食材でもある野生肉の美味しさを体験してください。
画像の説明
写真はイメージ
・狩猟者になるためのアドバイス
狩猟免許や猟銃所持の手続きについてお話します。

持ち物

ハイキングができる格好(トレッキングシューズ、発汗性の良い衣服、レインコート、リュックサック)

飲み物、携行食少量、 

主催:

「食べる 」を楽しむアウトドアを提案~ハグハグネイチャー 

お申込み:

「狩猟 体験スケジュール」よりご希望の開催日をご確認後、「問い合わせフォーム」にてお申込み下さい。
日程確認はこちら! ⇒狩猟体験スケジュール

「問い合わせフォーム」にて次の内容につきましてお知らせください。
・お名前
・年齢
・参加人数
・ご連絡先電話番号
・当日の交通手段
・参加希望日 ※できれば第2希望日までお知らせ下さい。
・ご自身のプロフィール(お住まいの都道府県・お仕事・今(将来)のお仕事と狩猟 体験プログラムを組み合わせたイメージなどお聞かせください)

お問合わせメールはこちら ⇒お問い合わせ

※メール送信後、72時間以内に返信がない場合、お手数ですが次の連絡先にご連絡ください。 080-5652-3988 虎谷健

お申込みをいただいた方には当日連絡先、詳しい持ち物情報など必要事項をお知らせします。

備考

・催行人数:3名  
・1名から催行します。1名で参加の場合、他の方とご一緒していただくこともあります。
・猟銃には触れることはできません。
・狩猟期外のため、捕獲は行いません。
・雨天催行です。
・体調に心配がある場合は参加を見合わせ下さい。
 キャンセル料はかかりません。


戻る

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional