Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

鹿肉シチューの販売~ミゼットカフェ 

鹿肉の味を体験してみてください!

鹿肉を食べることは自然環境保全につながる事

日本の人口減少・高齢化。
その影響を端的に受けやすいのが里と山との端境に位置する「中山間地」。
本来、これらの土地は人が住む場所と獣が棲む場所に区切りをつける大切な場所でしたが「限界集落」という言葉が生れるほど人の勢いが衰え、人と獣の緩衝地帯の役割が担えなくなってきています。

耕作放棄地などを餌場にしたイノシシ、シカが増え、畑の食害のみならず、森林の植生の偏り、高山植物の食害による群落消滅などこれまでに考えられなかった自然破壊を引き起こしています。

ハグハグネイチャーでは増えすぎたイノシシ、シカは狩猟によって適正数まで数を減らす必要があると考えます。
ただ、頭数調整だけの為の殺生は良い事だとは考えません。

「奪った命は美味しく食べることで無駄にしない。シカの食利用で日本の里山を元気にしよう!」
とシカの食利用を進め、キッチンカーで鹿肉のシチューを販売しています。

画像の説明

鹿肉はどんなお肉?

シカ肉は普段の食生活ではあまりなじみのない食材ですが
高たんぱく、低脂質で低カロリー、成分的には鶏のササミに似ますが鉄分が鶏、豚、牛の3倍から5倍も含まれる優れたお肉。
さらに風味は淡白で羊肉のような強い風味もありません。

ほんの10年ほど前まではシカの数もそれほど多くなく、シカ肉を食べる機会は高級フランス料理店やイタリア料理のお店に行った時だけ、という限られた機会しかありませんでした。

ところが里山の限界集落化など様々な原因からシカ、イノシシが爆発的に増えたことから各地でその食利用が模索され、食べる機会が得やすい食材となってきました。

地域の特産品の野菜と同様に「害獣」と呼ばれてしまっているシカの肉を野菜と同じく「地域の産物」として流通できれば畑の食害も防げておまけに「地域の特産品」にも成り得ます!

シカが「害獣」ではなく「益獣」となるには食利用がすすむか否かにかかっていると考えます。

環境や農業に関心がある人たちに実際にシカ肉を食べてもらってその美味しさを知ってもらいたい、
そして獣害対策でその食肉化に取り組んでいる人々を食べることで応援してほしいと願うのです。

鹿シチューはファーマーズマーケットで食べれます

ミゼットカフェのシカシチューは東京青山の国連大学前で週末に行われているファーマーズマーケットに出店しておりますので皆さま、応援をどうぞよろしくお願いいたします。。

環境と農業、食に関心のある皆さんが集まるイベントに出店してゆきたいと考えております。

東京青山・国連大学前ファーマーズマーケット 10:00~16:00
http://www.farmersmarkets.jp/contact/


画像の説明

※2014年4月より一年間、福島県の東京電力福島第一原子力発電所の事故後に増殖しているイノシシ駆除の仕事を担う事になりました。そのためファーマーズマーケットへの出店が不定期となります。 
せっかくリピーターの方もついてくださったのですが、福島の現状に自分の持つ技術が役立つ機会と考え、参加を決めさせていただきました。


販売品目

「シカ肉シチュー」 700円
大きなシカ肉が入ったガツンとしたボリュームあるシチューです。

出店当初は鹿肉サンド、鹿焼肉丼などいくつかの料理を試してみましたが
店主の虎谷が「気軽に美味しく鹿肉を楽しんでもらえる料理」として
鹿シチュー一本で行う事に辿り着きました。
ぜひお楽しみください!


・鹿肉: 約110g以上。ボリュームたっぷり!女性なら2人で食べても満足するかも…。
じっくり時間をかけて煮込んであるのでホロッと崩れる柔らかさです。
スプーンの先で良く砕いて、シチューをたっぷりからめてから
バターライスと一緒にお召し上がりください!
シカ肉の風味とバターライスの風味、お互いの個性が合わさり、昇華して
独特の美味しさとなります。


・お米: 前職の経験を活かして有機米を使用。信用が置ける米問屋さんから直接仕入れます。
さらにシカシチューの美味しさを引き立てるバターライスにしました。
バターは国産バター、塩は「海の精」を使用。

・人参、玉ねぎ:有機農産物流通の老舗「大地を守る会」の物を使用しています。

 

画像の説明

あなたの町に出店します!

あなたの町のイベントにシカシチューのお店を出しませんか。
注目度の高いちっちゃなかわいい車で出店します!
画像の説明

収穫祭など農業関係のイベントでは昨今の農業への食被害と合わせてシカ肉に関心が集まってきています。

自然保護、環境保全に関心がある参加者が集まるイベントでも農業や自然環境に大きな影響を与えているシカの増加はイベント参加者にとっても大きな関心ごと。
自らシカ猟を行っている店主自らシカとヒトと自然の良い関係について語る事もできます。

ご興味がありましたらぜひ、お問い合わせください。
※車両の走行性能上、東京より片道150㎞圏内とさせていただきます。


ミゼットカフェは私とあなたとの出会いの場

ミゼットカフェのもう一つの大きな目的は狩猟体験やアウトドアをこれからやってみたい!という方との出会いの場を作る事です。

どうぞ遠慮なくカフェにおいでいただいて狩猟を始める相談や「こんなアウトドアを体験したいんだけど…」とご相談ください。

私の持てる知識を総動員してお応えしたいと思います。

…ランチタイムを外してきてくださると嬉しいですし、じっくりお話しできると思います。

戻る
a:1358 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.8
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional